猫のノミ駆除のイラスト

猫のノミの駆除と予防 

ノミの繁殖

 ノミの繁殖力は旺盛で気温15℃以上、湿度が50%以上になると卵を産みはじめます。

 
ノラちゃんが庭先に落としていったノミは住居内に侵入し、飼い猫に寄生します。雌ノミは寄生して48時間以内に産卵を開始し卵はカーペットや家具の隙間などで発育します。
 

ノミの繁殖

 
 
いったん家庭内でノミの繁殖が始まってしまうとノミの駆除はきわめて困難になります。
 
家庭内でのノミの繁殖がはじまると家庭内からノミが完全に駆除できるまでには3-6ヶ月かかります
 

ノミのみつけ方

 
ネコちゃんがさかんに痒がったり皮膚をなめている場合にはノミが寄生している可能性があります。被毛をかきわけてノミが寄生していないか調べてみましょう。
 
ノミ取り用のクシで全身の被毛をすくとノミがすきとれることがあります。
   
猫の体からノミが見つからなくてもノミの糞がみつかることがあります。ゴマ粒大のフレーク状の黒っぽいものが被毛の間に付着していればノミの糞の可能性があります。ぬらしたティッシュの上に置いておくと周囲に赤い色がしみ出してくるようなら間違いなくノミの糞です。

 
ノミの糞
ゴマ粒状のものがノミの糞です。
 
ノミの糞の写真
ぬれティシュの上においておくと赤い液体がしみ出てきます。



ノミの駆除と予防

 ノミ対策の基本は室内でノミが繁殖を始める前にノミを駆除することです。

 
 ネコちゃんの体からノミが発見できなくても、外に出たり、ノラちゃんが庭にやってくるなど、ノミ寄生の危険性がある場合には予防的にノミ駆除剤を使用しましょう。
 

 ノミ駆除剤はみかけは同じように見えても成分や効果はことなります。また、最近はノミ駆除剤に抵抗性のあるノミも発現しています。私達動物病院では安全で効果の優れているノミ駆除剤をおすすめしていますのでお気軽にご相談ください。

ノミのが原因の病気

ノミアレルギー

ノミアレルギー
 
ノミアレルギーはノミの唾液に対するアレルギーです。犬は激しい痒みのために引っかいたり舐めつずけることにより皮膚症状がみられるようになります。
 

治 療 

定期的なノミ駆除と同時に痒みを軽減する薬で治療します。通常は生活環境内でのノミの繁殖がはじまっていますので長期間の治療が必要になります。 

ウリザネ条虫

 ウリザネ条虫はノミが媒介する消化管内寄生虫です。ノミ寄生による痒みのために猫が体を舐めるときに誤って条虫を保有しているノミを食べて感染します。
 

ウリザネ条虫の感染経路

治 療

 治療はウリザネ条虫駆虫薬の投与とノミの駆除を同時に行います。

セントラル動物病院

〒791-8014 愛媛県松山市西長戸町町402-6

tel  089-925-6008

診察時間

平日(月〜金) 午前9時〜午後1時
午後4時〜午後7時迄
土曜日 午前9時〜午後1時まで
休診 日曜/祝祭日