猫のフィラリア症

猫のフィラリア症

 

♡ フィラリア症は犬の病気と考えておられる飼い主さんも多いのではないでしょうか?  

 
蚊に刺される環境で飼育されている猫ちゃんは常にフィラリア感染の危険にさらされています。猫は心臓や血管が小さいために突然死することもあります。
 
 
 
猫のフィラリアの症状はあいまいで、喘息やアレルギー性気管支炎など他の病気の症状によく似ていることも診断を難しくしている原因のひとつです。
 
フィラリアに感染している猫の約10%は病院で診察を受ける前に死亡(突然死)するために生前にフィラリア症の診断をすることが困難です。
 

猫フィラリア感染経路

猫のフィラリアはフィラリアに感染している犬を吸血した蚊によって感染します。

 

フィラリア感染経路  

 

フィラリアの症状

フィラリアの予防

蚊
フィラリア予防薬

猫のフィラリア予防薬は各メーカーより色々なタイプの予防薬が発売されています。 当院では1ケ月間隔で皮膚に滴下タイプの予防薬を主に使用しています。 この薬はフィラリアの予防の他にノミ、ダニ、回虫、鉤虫などにも効果があります。 
 

フィラリア予防期間

松山地方では5月〜12月がフィラリア予防期間になります 
気温が15℃以上になると蚊が活動を始めます。フィラリア症は蚊によって媒介されます
のでフィラリア予防薬は蚊が活動開始1ヶ月後から投薬を開始し、蚊の活動休止1ヶ月後まで1ヶ月に1回12月まで予防薬を投与します。

セントラル動物病院

〒791-8014 愛媛県松山市西長戸町町402-6

tel  089-925-6008

診察時間

平日(月〜金) 午前9時〜午後1時
午後4時〜午後7時迄
土曜日 午前9時〜午後1時まで
休診 日曜/祝祭日