松山セントラル動物病院 

          TEL(089)925-6008 

HOME | 猫の健康チェック | 猫の耳のチェック

 
 

 耳の健康チェック

  

 耳の健康チェック

猫の耳の検査

猫の聴覚

 

  猫の聴覚は極めて鋭敏で人間が聞くことのできる音より2オクターブ以上高い音を聞くことができます。人間が聞き取れる音域は20〜25,000ヘルツですが猫は40〜80,000ヘルツまでの音を聞き取ることができるといわれています。
ちなみに私たち人の話し声は300〜3000ヘルツです。
ネズミの鳴き声は300〜90,000ヘルツとかなり高音ですので猫はこの音を聞き取るために聴覚が鋭敏になったのかもしれません。
また、猫はヒトが聞きとれる距離の4-5倍離れた場所からの音を聞きとることができるといわれています。 

猫の耳の構造

健康な猫の耳
 
   健康なネコの耳の中は薄いピンク色をしています。耳道を保護するために表面は少量のワックス状の分泌物でおおわれています。
 このワックス状分泌物(皮脂腺、アポクリン腺)と剥離した上皮細胞がまざりあったものが耳アカ(耳垢)です。耳道内の細胞は耳道の深部から耳孔入り口に向かっエスカレーターのように移動し、自動的に耳孔内の汚れを外部に排出する機能があります。この機能のために健康なネコは耳そうじをしなくても耳孔内を清潔に保つことができます。

健康な猫の耳

 
猫耳の構造
 
   猫の外耳道は垂直外耳道と水平外耳道からなっています。
飼い主さんが直接観察できるのは垂直外耳道です。綿棒での耳そうじは、垂直耳道の汚れを水平耳道に押し込んでしまう事がありますので注意が必要です。水平外耳道の観察は耳鏡などの特殊な検査器具が必要です。 

耳の観察ポイント

  はじめに耳介部を観察します。耳介部の脱毛、カサブタ、ひっかき傷、炎症性の発赤がないかどうか調べます。次に、耳孔内を観察します。猫の耳道の構造は複雑ですので、ペンライトがあると便利です。耳孔内に汚れはないか?、嫌な臭いはしていないか?、塊状のもの(腫瘍、ポリープ)はできていないか?、などを調べます。最後に耳道の外側に触れて痛みの有無をを調べます。

耳の病気の主な原因

  猫は耳の中の病気は、耳ヒゼンダニの寄生、草の実や被毛の異物、ポリープや腫瘍などが原因の耳道の病気がみられます。犬に比べると耳の中の病気は少ないですが、他の猫とのケンカによる外傷、皮膚真菌症、穿孔性カイセン、食事性アレルギーなどの病気が原因の皮膚炎が耳の周囲によくみられます。


下記の症状がみられたら早めに診察を受けましょう!

  下記の症状がみられたら早めに診察を受けましょう!


● 耳をかゆがる。
● 頭をさかんに振っている、傾ける。
● 耳に触れると痛がる。
● 耳の中の臭いが強い。
● 耳の中が汚れている
● 耳介部の発赤。
● 耳介部が黒く変色(メラニン色素沈着)。
● 耳介部の皮膚が乾燥し分厚くなっている。

猫の耳の検査

よく見られる耳の病気の症状

 

 
うみ状の分泌物
 
  
猫の細菌性外耳炎

 
 この猫は細菌性の外耳炎でした。自分で引っかいたり、他の猫とのケンカの傷が原因になることもあります。
 
 

 
 
耳介部背側の脱毛と紅斑
 
  
猫の皮膚真菌症
 
 この猫は培養検査の結果、皮膚真菌症でした。人にも感染する危険性がありますので家族に皮膚炎が見られ場合には人の皮膚科を受診しましょう。 
 

 

 
黒褐色の耳アカ

 

 
猫の耳ダニ

 
 この猫は検査の結果ミミダニが検出されました。皮膚滴下タイプのお薬がよく効きますが外出している猫ちゃんは再感染がおこりやすいです。
 

 

  
耳介部の脱毛と発赤
 
 
猫の蚊による皮膚炎
蚊の刺傷による皮膚炎です。耳介部や鼻などに皮膚炎がみられます。蚊は心臓内寄生虫のフィィラリアを感染させますので5月〜12月の感染期間中は予防薬の投与をしましょう。

 
 

LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon