松山セントラル動物病院 

          TEL(089)925-6008 

HOME | 猫の健康管理 | 子猫の健康管理

 子猫の健康管理スケジュール

    最初の1年間の健康管理 

 子猫の健康管理

最初の1年間の健康管理 
子猫の健康管理

 健康で性格の良い猫に育てるためには、最初の1年間の育て方が最も大切です。正しい食事管理、伝染病予防ワクチン接種、しつけや社会化の訓練など人間社会でうまくやってゆくためのノウハウも子猫に教えなければなりません。子猫が新しい環境に慣れたら(約1週間~10日)動物病院で最初のキティ健診と伝染病の予防注射を受けましょう。

生後2ケ月の子猫の健康管理

病院での健康管理


第1回健康検査
第1回伝染病予防ワクチン注射
検便・駆虫
ノミの駆除および予防
猫の予防注射

家庭での健康管理


子ネコが必要なカロリー量は体重や性格、運動量、季節などにより変化します。

 食事は子ネコの発育状態を観察しながらフードの量を調節しましょう。
カンズメ食は腐敗しやすいので30分が経過したらすぐにかたずけるようにしましう。
この時期の子ネコは好奇心が旺盛で何でも口に入れてしまいます。毛糸、ティシュ、 洗剤、殺虫剤など危険なものは、子ネコのそばにおかないようにしましょう。
1週間に1回体重測定をし発育状態をチェックし記録しておきましょう。

生後3ケ月の子猫の健康管理

病院での健康管理


第2回健康検査
第2回伝染病予防ワクチン注射
猫の聴診

家庭でのでの飼育管理


この時期は人間や他の動物とのよりよい関係づくりを学習するための社会化訓練に大切な時期です。

子ネコはできるだけ多くの人に触れてもらい、人見知りをしないネコに育てましょう。
この時期の子ネコはオモチャなどでの遊びに夢中になります。子ネコは人間にとって大切なものとオモチャの 区別がつきません。スリッパや人の手をオモチャがわりにして遊ばせないように しましょう。

生後3毛月の子猫の健康管理

病院での健康管理


6ヶ月令健診
発育状態のチェック
歯の検査
繁殖の予定がないならこの時期に不妊・去勢手術をしましょう。
 最初の発情前に不妊手術をすることにより乳腺腫瘍の発生リスクが90%以上減少します。

家庭での飼育管理


■ 生後7ヶ月までにすべての歯が永久歯に生えかわります。
■ 歯石予防のために歯みがきをはじめましょう。
1才の猫の健康管理

病院での健康管理


 1才令健診
歯の検査
伝染病予防ワクチン追加注射
  

病院での健康管理


■ 身体的にも精神的にも成猫になります。
■ ほとんど猫は約1年で成猫の体重になりますが、猫の多くはさらに1年間成長が持続します。
■ 食事は成猫用のフードに変更しましょう
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon