セントラル動物病院   TEL 089-925-6008

HOME | 猫の飼い方 | 猫のフィラリア予防

    

  猫の健康管理              

猫のフィラリア症 

猫のフィラリア症

猫のフィラリア症は猫の喘息や気管支炎などの症状によく似ています。

フィラリア症は犬の病気と考えておられる飼い主さんも多いのではないでしょうか? 犬のフィラリアが蔓延している地域の猫ちゃんはつねにフィラリア感染の危険にさらされています。ただ、猫は犬よりもフィラリア感染に抵抗性があり、猫のフィラリア感染率は犬に比べて低く、犬の感染率の5-10%といわています。国内では東京都での地域猫および飼い猫でのフィラリア抗体保有状況調査では11%の猫にフィラリア抗体陽性がみられたと報告されています。
 
 一般に猫のフィラリア症の認知度はそれほど高くありません。これは猫のフィラリア症の診断が非常に難しいことが原因のひとつにあげられます。犬のフィラリア症は検査キットで簡単に診断できますが、猫ではこのような診断検査の精度が低いためにあまり有効ではありません。これに加え、フィラリア感染猫の症状はあいまいで猫の喘息やアレルギー性気管支炎など他の病気の症状によく似ていることも診断を難しくしている原因のひとつです。また、フィラリアに感染している猫の約10%は病院で診察を受ける前に死亡(突然死)するために生前にフィラリア症の診断をすることができません。このように猫のフィラリア症は診断の難しさから日常の診療でフィラリア症と診断される機会が少ないことがフィラリア症の認知度の低さの原因と考えられます。
 
 
 
猫のフィラリア症は犬のフィラリア虫が蚊によって媒介され、心臓、肺動脈に寄生する寄生虫です。
猫のフィラリア寄生数は犬に較べると少ないですが心臓や血管が小さいために突然死することもあります。フィラリアは予防できる病気ですので必ず予防をしてあげてください。
 
 
 

フィラリアの感染経路


 
 
猫のフィラリア症は犬のフィラリア虫が蚊によってうつされ心臓、肺動脈に寄生する寄生虫です。
猫のフィラリア寄生数は犬に較べると少ないですが心臓や血管が小さいために突然死することもあります。フィラリアは予防できる病気ですので必ず予防をしてあげてください。
 
 
 

フィラリアの感染経路


 
 

 
フィラリア感染猫の症状

 

猫は犬よりもフィラリアに対する抵抗力が強いためにフィラリア感染率は犬の感染率の約10%です。イヌに比べると寄生数は1-3%と少ないですが死亡率はイヌより高いことが報告されています。
  感染猫の多くはミクロフィラリア(子虫)が血液中に出現することが少なく、イヌのようにフィラリア抗原検査の感受性も低いために診断はレントゲン検査や超音波検査などでの診断になりますが診断は極めて困難です。

 
 

 
猫のフィラリア感染率は犬の感染率の約10%です。イヌに比べると寄生数は1-3%と少ないですが死亡率はイヌより高いことが報告されています。
  感染猫の多くはミクロフィラリア(子虫)が血液中に出現することが少なく、イヌのようにフィラリア抗原検査の感受性も低いために診断はレントゲン検査や超音波検査などでの診断になりますが診断は極めて困難です。

 
 

猫のフィラリア予防

 

  猫のフィラリア症は感染すると突然死などがおこる怖い病気ですが月1回予防薬を皮膚に滴下するだけで簡単に予防できます。この薬はフィラリアの予防の他にノミ、ダニ、回虫、鉤虫などにも効果があります。是非予防してあげてください。
 

猫のフィラリア予防


猫のフィラリア症は感染すると突然死などがおこる怖い病気ですが5月〜12月まで、月1回予防薬を皮膚に滴下するだけで簡単に予防できます。この薬はフィラリアの予防の他にノミ、ダニ、回虫、鉤虫などにも効果があります。是非予防してあげてください。

 
 
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon