LinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIcon

yobouchuusha5.png

予防注射

 犬の予防注射は法律で接種が義務づけられている狂犬病予防注射と、愛犬の健康のために飼い主さんが自主的に受ける伝染病混合ワクチンがあります。

伝染病混合ワクチン注射

伝染病を予防する最も効果的な方法がワクチン接種です。子犬は母乳を通じて病気に対する抗体を受け取ります(移行抗体)。この移行抗体のお陰で子犬は伝染病から守られていますが、移行抗体は時間の経過とともに子犬の体内から消滅します。その後は、予防注射を接種することにより、子犬自身の抗体をつくって、子犬を伝染病から
守ってあげなければなりません。

狂犬病予防注射

 世界中では毎年たくさんの人々が狂犬病に感染して亡くなっています 。狂犬病は発病すると治療方法がなく、神経症状を示してほぼ100%死亡するウイルス性の人獣共通感染症です。日本では昭和32年を最後に発生していませんが 外国から狂犬病の動物が入ってくる危険性は常にあります。 狂犬病の予防注射は、各市町で毎年春に地域毎に会場を設けて集合注射を行っています。 動物病院でも受けることができます。
 生後91日以上の犬は犬の登録と毎年1回の予防接種が法律で義務づけられています。

ワクチン注射プログラム

予防ワクチンは、コア・ワクチンとノンコア・ワクチンがあります。
コアワクチンには、感染力強く、死亡率高いと考えられる伝染病のワクチンが含まれています。コア・ワクチンは犬種や飼育環境に関係なく、すべての犬に接種が推奨されているワクチンです。
ノンコア・ワクチンは飼育環境や伝染病発生状況などにより感染のリスクが高いと考えら場合に状況に応じて接種ががすすめられるワクチンです。

ワクチン.jpgワクチンの種類と接種時期

伝染病予防ワクチンはメーカーにより予防できる病気の種類や組み合わせが異なっています。当院では主に5種混合ワクチンと8種混合ワクチンを使用しています。

予防注射種類と接種時期.jpg

ワクチンで予防できる伝染病の種類と臨床症状

犬伝染病の種類.jpg