LinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIcon


新しい子犬を迎える


ケージ内の子犬.png母親の元を離れてから飼い主さんの家に到着するまでの間に子犬の環境はめまぐるしく変化します。新しい家に到着した子犬は興奮状態のために一見元気そうに見えますが疲れはピークに達しています。ご家族の皆さんもかわいい子犬の到着に興奮気味で子犬を迎える事になります。このような状況で子犬に話しかけたり、抱き上げたりして、かまいすぎると、子犬は休まる間もなくどんどん体力を消耗して体調をくずしてしまいます。

doxsuimin.png子犬が家に着いたらまずトイレに連れて行き、サークル内の犬舎で静かに休ませてください。お水はいつでも飲めるように用意しておきます。子犬が一休みして落ち着いたら食事を与えてみましょう。子犬は環境の変化による興奮や不安などで消化不良や下痢をおこしやすい状態になっています。初日の量はそれまでの半分ぐらいにし、子犬の食欲や便の状態を見ながら少しずつ食事量を増やし2-3日で通常量にもどします。生後2-3ヶ月令の子犬は1日に約18時間の睡眠時間が必要です。
子犬の睡眠パターンは人間とはことなり、浅い睡眠を何回も繰り返します。子犬をゆっくりと休ませてあげましょう。

新しい環境に慣れるまではできるだけストレスをかけないようにしましょう。

 子犬が新しい環境に慣れるには通常10日間くらいかかります。この間はシャンプーなどはさけ、子犬にできるだけストレスをかけないように配慮してそっと見守るようにしましょう。子犬は成犬に比べて免疫が十分に発達していないので、感染症にかかりやすく急激に衰弱することがあります。子犬の状態を注意深く観察し、少しでも異常がみられたらすぐに診察をうけましょう

動物病院での最初の健康チェック

inuchousin.png子犬が新しい環境に慣れた頃を見計らって最初のパピー検査(健康検査)を受けられることをおすすめします。これにより先天性疾患(生まれつきの病気)や寄生虫、感染症などの早期診断をすることができます。寄生虫や感染症にかかっているペットは見かけは元気でも環境の変化などによるストレスで急に病気が悪化することがあります。パピー検査は病気の早期発見につながるだけでなく、適切な予防注射の接種時期の相談やペットの正しい飼い方などをアドバイスさせていただくよい機会でもあります。