セントラル動物病院

松山市西長戸町402-7 ☎089-925-6008

HOME | 犬の健康チェック | 犬目チェック

目の健康チェック


健康な犬の目

 健康なイヌの目は透明で光沢感があります。白目の部分は真っ白で、黒目(瞳孔)の大きさは左右同じ大きさです。目ヤニは健康なイヌでも多少でることがありますが、ウミ状や乳白色のものが出ているようだと異常です。
健康な犬の目
犬の眼球構造

観察のポイント

 健康なイヌの目は光沢があります。蛍光灯の下で観察すると、眼球の表面の弯曲にそって蛍光灯がくっきりと写ります。蛍光灯がぼやけたりゆがんで写っている場合はあきらかに異常です。
  目は全身の健康状態を反映しています。毎日、目を注意深く、観察する習慣をつけていると、「目に元気がない」、「悲しそうな目をしている」、「眠そうな目をしている」など微妙な全身状態の異常を感じ取ることができるようになります。目は大切な器官です。常に失明の危険性があります。目の異常に気づいたらすぐに診察を受けてください。素人療法で市販の目薬を使用すると症状が悪化することがあります。
 

このような症状が見られたら早めに診察を受けましょう!

 病気の症状は原因、経過、あるいは動物の免疫力などにより変化します。ここに記載しているのはほんの一部の症状にすぎません。外観症状のみで病気を診断することはできません。正確な診断には、各種検査の総合的な評価が必要です。ペットの様子がいつもとは違うと感じたら早めに診察を受けましょう。

 
● 目を痛がる、まぶしそうにしている、目を閉じている
 目ヤニの量が多い。
 涙の量が多い(涙目)。
 まぶたの裏側(結膜)が赤く、腫れている。
 白目の部分の血管が浮き出て充血している。
 眼球の表面に傷がついている(角膜炎)。
 眼球の表面が白くにごり、透明感がなくなっている。
 目の奥の方が白く見える(白内障)
 新しい家具にぶつかる。散歩中、水たまりに入る(失明)。
 左右の黒目(瞳孔)の大きさが異なっている。
 明るい場所でも黒目(瞳孔)が大きいままである。

 

このような症状が見られたら早めに診察を受けましょう!

 病気の症状は原因、経過、あるいは動物の免疫力などにより変化します。ここに記載しているのはほんの一部の症状にすぎません。外観症状のみで病気を診断することはできません。正確な診断には、各種検査の総合的な評価が必要です。ペットの様子がいつもとは違うと感じたら早めに診察を受けましょう。

 
● 目を痛がる、まぶしそうにしている、目を閉じている
 目ヤニの量が多い。
 涙の量が多い(涙目)。
 まぶたの裏側(結膜)が赤く、腫れている。
 白目の部分の血管が浮き出て充血している。
 眼球の表面に傷がついている(角膜炎)。
 眼球の表面が白くにごり、透明感がなくなっている。
 目の奥の方が白く見える(白内障)
 新しい家具にぶつかる。散歩中、水たまりに入る(失明)。
 左右の黒目(瞳孔)の大きさが異なっている。
 明るい場所でも黒目(瞳孔)が大きいままである。

よくみられる目の異常


 
目を痛そうに閉じている。
目を痛そうに閉じている犬
 
痛みの強い目の病気でこのような症状がみられます。原因は異物、角膜炎,緑内障、虹彩炎などがあります。
 
の量が多い。
涙をながしている犬
 
目の表面の炎症や異物の刺激などにより涙の分泌量が増えたり、涙管の異常により涙の排泄障害がおこる病気でこのような症状がみられます。
 
まぶたが(結膜)が赤い。
犬の結膜炎
 
細菌感染、アレルギー、異物や化学物質(シャンプーなど)の刺激などによる結膜の炎症でこのような症状がみられます
 
 
 
白目の部分が赤い(充血)
犬の緑内障
 
この犬は緑内障でした。眼内圧が上昇し、眼球が大きくなっています。
痛みが強く、失明の危険性が高い病気です。このような症状がみられたらすぐに診察を受けましょう。
 
目ヤニが多い。
目ヤニを出している犬
 
慢性結膜炎や免疫力が低下した老犬などでこのような症状がみられます。
 
 
 
まぶたの周りが赤い。
(眼瞼周囲炎)
犬の眼瞼周囲炎

 

この犬はアトピーのかゆみのために自分でさかんに目を引っ掻いたことが原因でした。
このイヌはレンズも白濁しています(白内障) 
眼球表面に光沢がなく目ヤニが多い。
犬の乾性角膜炎
 
この犬は涙の分泌量が減少する病気(乾性角膜炎)が原因でした。この犬の1分間の涙の分泌量は5mm(正常犬は15-25mm)と低下していました
 
角膜が白く濁り眼球表面がえぐれたように陥没している
犬の潰瘍性角膜炎
 
健康なイヌの眼球表面は透明ですがこのイヌは白く濁り表面が陥没しています(角膜潰瘍)このイヌは眼球表面の傷を放置していたために慢性角膜潰瘍になっています。 
 
黒目野部分が白くにごっている (白内障)
犬の白内障
 
通常は老化に伴ってみられますが、まれに糖尿病などが原因でおこることがあります。 

 
 

さかまつげ
犬の逆まつげ
 
本来まぶたの外側に向かってはえているまつげが内側にむかって生えているために眼球を刺激して角膜に炎症をおこします。手術による矯正が必要です。