セントラル動物病院

松山市西長戸町402-7 ☎089-925-6008

HOME | 犬の健康管理 | 伝染病の予防

犬の伝染病予防ワクチン注射


予防注射中のチワワ犬

混合ワクチン注射

 伝染病を予防する最も効果的な方法がワクチン接種です。
子イヌは母乳を通じて病気に対する抗体を受け取ります(移行抗体)。この移行抗体のお陰で子イヌは伝染病から守られていますが、移行抗体は時間の経過とともに子イヌの体内から消滅します。その後は、予防注射を接種することにより、子イヌ自身の抗体をつくってを伝染病から守ってあげなければなりません。
 

狂犬病予防注射

 世界中では毎年たくさんの人々が狂犬病に感染して亡くなっています 。狂犬病は発病すると治療方法がなく、神経症状を示してほぼ100%死亡するウイルス性の人獣共通感染症です。日本では昭和32年を最後に発生していませんが 外国から狂犬病の動物が入ってくる危険性は常にあります。 狂犬病の予防注射は、各市町で毎年春に地域毎に会場を設けて集合注射を行っています。 動物病院でも受けることができます。
 生後91日以上の犬は犬の登録と毎年1回の予防接種が法律で義務づけられています。

 

ワクチンの種類と注射時期

 伝染病予防ワクチンはメーカーにより予防できる病気の種類や組み合わせが異なっています。
当院では主に5種混合ワクチンと7種混合ワクチンを使用しています

 
予防注射で予防できる 伝染病

ジステンパー

 
ジステンパ感染犬
  ジステンパーウイルスによって起こる病気で、死亡率も高い恐ろしい伝染病です。
初期症状は発熱などの呼吸器系の症状が発現しますが、慢性経過をとることが多く、末期になると激しい痙攣発作が1日に何回もおこるようになります。
このような状態になると動物の苦痛はいうまでもなく、看護をしている飼い主さんにとっても大変な精神的苦痛を強いられることになります。
 予防注射の普及により現在では、私たちの病院でもジステンパーの犬を診察する機会は極端に少なくなっています。
私が開業した頃は毎日のようにジステンパーにかかった子イヌを診察していました。当時は飼主さんの飼育管理や予防の意識も低く、ある地域でジステンパーが発症するとその周辺の犬が次々と感染し、隣近所の犬がばたばたと死亡するのを見てあわてて予防ワクチンを受けに来院する飼主さんも少なくありませんでした。しかしながらこのような「泥縄式」の予防ワクチン接種では効果があるはずもなく飼主さんはケイレン発作をおこして口からアワを吹きながら息を引き取る愛犬の姿を見てはじめてジステンパーという病気の恐ろしさと予防ワクチン注射の大切さを実感することになります。現在では予防注射を受けるのは当たり前の時代になりました。お陰でジステンパーの発症も少なくなりましたがジステンパーという病気の恐ろしさは今も昔も同じです。予防注射の接種率が下がると以前のように感染が蔓延する危険性が常にありますので予防注射は忘れず接種してあげてください。
 

 この伝染病は5種ワクチン、7種ワクチン注射で予防できます。

パルボウイルス感染症

 
犬パルボウイルス感染症

 
 パルボビールス感染症、は消化器をおかす犬の伝染病です。感染犬は嘔吐、下痢、発熱、白血球減少による免疫低下などの症状を示します。特に子イヌでは症状は重篤となり死亡率が高くなります。
 
  ウイルスで汚染された感染犬の排泄物や汚染物質との接触により感染がおこります。パルボウイルスは感染犬の消化器粘膜内で増殖し大量のウイルスが糞便中に排泄されます。またウイルスは白血球の生産場所である骨髄も侵すために白血球の減少がおこり、犬の免疫力を低下させます。ウイルスは非常に強力で、汚染された環境中で少なくても6ヶ月間生存します。 
 感染後4~14日で症状が発現します。感染初期には元気消失、食欲不振、発熱などの症状がみられます。
その後1~2日以内に激しい嘔吐や血便などの胃腸症状が発現します。6-8週令の子犬は死亡率が高くなります。
多くの犬を飼育しているところでは次々と感染がおこり同じような症状を発現します。
子イヌでは血便症状が発現する前に死亡することもあります。
 


この伝染病は5種ワクチン、7種ワクチン注射で予防できます。

伝染性肝炎(アデノウイルスⅠ型感染症)

 
犬伝染性肝炎感染犬の目の白濁
 
 
 この病気は犬アデノウイルス1型の感染でおこります。感染犬との直接接触あるいは間接接触により感染します。 
 このウイルスの感染により肝臓が障害されます。感染後10~14日以内にウイルスほとんどの組織から消失しますが腎臓に残り、6~9ヶ月間尿中にビールスを排泄し続けます。
  この病気の症状は感染犬の抵抗力によりさまざまです。栄養状態の悪い犬や免疫の低下した犬では症状が重くなります。元気消失、食欲減少、扁桃腺炎、嘔吐、下痢、リンパ節の腫大、肝臓の腫大、腹痛などが主な症状です。
重症例では腎臓の炎症、発熱、ショック、神経症状などを発現して死亡することがあります。軽症例では5-7日で回復します。感染犬のうち約20%に一時的に目が白く濁る「肝炎性ブルーアイ」などの眼症状が発現します。
 

この伝染病は5種ワクチン、7種ワクチン注射により予防できます。

ケンネル・カフ(アデノウイルスⅡ型感染症)

 
ケンネルカフ
 
 
 この病気の発症には複数の病原体がかかわっています。中でもボルデテラ菌はこの病気の発症に大きく関与しています。 ボルデテラ菌に加えてアデノウイルス1型、2型、犬パラインフルエンザウイルス、犬ヘルペスウイルス、マイコプラズマなどの複合感染により発症します。
 正常な犬の呼吸器粘膜は病原体に対して特殊な防御機能をもっています。 中でも気管の粘膜の表面にに分布している細胞の線毛による排除作用は最も重要な防御機能です。 線毛は気管の細胞から突出しており表面を粘液でおおわれています。 線毛はエスカレーターのように一定のリズムで喉の方向に向かって波のように運動していて、病原体や異物などが気管内に侵入すると、粘稠な粘液で包み込み線毛運動によって喉の方に押し戻します。 押し戻された異物を含んだ粘液は吐き出されるか飲み込まれることにより処理されます。この線毛運動が障害されると気管内に細菌の侵入を許してしまいます。 特にボルデテラ菌は簡単に気道内に感染します。 ボルデテラ菌が線毛にくっつくと細菌の毒素により3時間以内に線毛の動きを止めてしまいます。 
  輸送ストレス、過密飼育、粉塵の多い環境、タバコの煙、感染症(アデノウイルス、パラインフルエンザ、)、寒冷の環境、換気不良などいずれも気管の線毛運動を障害します。
 通常は頑固な咳の症状のみで他に異常はみられません。咳は喉に何かを引っかけたような乾いた感じの咳をします。 咳の後で白いアワ状の粘液を吐くこともあります。 興奮や急激な温度変化により症状が悪化します。 まれに発熱や食欲減少がみられることがあります。 経過はさまざまで、通常は2~6週間で回復します。
ごくまれにまれに重度の肺炎症状を発現して死亡することもあります。
 

  この伝染病は5種ワクチン、7種ワクチン注射により予防できます。

レプトスピラ症

 
犬レプトスピラ症
 

 レプトスピラ症は犬のみならず人にも感染する人畜共通感染症です。この病気はスピロヘーター菌が原因でおこります。レプトスピラ菌には多くの異なった種類がありますが犬に重要な血清型は8種類です。
 感染経路は感染動物との直接接触、あるいは感染動物の尿や排泄物で汚染された土や水などを通じて感染します。レプトスピラ菌は口の粘膜や皮膚の傷口を通じて感染します。野生動物、特にネズミはこの病気に感染しても症状を発現することはありませんが保菌動物として犬にこの病気を感染させます。
病気から回復した犬の尿中には長期にわたってレプトスピラ菌が排泄されるために散歩コースなどの環境中にレプトスピラ菌がまき散らされ他の犬への感染がおこります
 感染初期には発熱、ふるえ、筋肉の虚弱が最初の症状です。その後、おう吐と急速な脱水症状が発現しします。重症例では体温低下し、衰弱のために死亡します。
 犬は筋肉や腎臓の痛みのために動くことを嫌がります。 球結膜(白目)の充血や口粘膜の点状出血などの症状もみられます。
 
 予防ワクチンはありますが通常は主な2-3の血清型に対してのみ効果があります。当院で使用している7種ワクチンはカニコーラ型と出血黄疸型に予防効果があります。
 

公衆衛生上の問題

レプトスピラ症は人畜共通伝染病です。人間に感染する可能性があります。レプトスピラ感染が疑われる動物との接触には十分な注意が必要です
 

7種ワクチン注射によりカニコーラ型と出血黄疸型のレプトスピラ感染症を予防できます。