セントラル動物病院

松山市西長戸町402-7 ☎089-925-6008

HOME | 犬の健康管理 | 犬の食事管理

イヌの食事管理


 愛犬を健康に育てるためにはフードの選択は大切です。ワンちゃんは自分でフードを選択することができません。イヌに栄養バランスの悪いフードを与え続けるなどさまざまな病気をひきおこします。特に消化器の病気や皮膚病の多くは不適切なフードが原因でおこります。

フード選択のポイント

 

ワンちゃんのライフステージに適したフードを選択しましょう。

イヌの年齢によって必要なカロリーや栄養素がことなります。子犬には子犬用のフードを、成犬には成犬用のフードを、高齢犬(8-10才)には高齢犬用のフードを与えるようにしましょう。
 

総合栄養食と表示されているフードを選択しましょう。

「総合栄養食」とはイヌの健康に必要な栄養素がバランスよく含まれていてこのフードと水だけて犬の健康を維持することができるフードです。総合栄養食はカンズメタイプとドライフードタイプがあります。ドライフードタイプのフードは総合栄養食が主体ですがカンズメタイプは総合栄養食でないものも多くありますので必ず「総合栄養食」と表示されているものを使用しましょう。
 

フードの保存

フードは時間の経過とともに栄養素の成分が減少しはじめます。栄養素の劣化の程度は保存の仕方に大きく左右されます。
 フードの種類にかかわらず遮光した密閉容器での保存がベストです。毎日食事の度にフードの袋を開閉する度にフードは空気に触れて栄養素の分解が進みます。1週間分のフードを小さな密閉容器に小分けして使用することにより、パッケージ内のフードの劣化を防ぐことができます。ドライフードは風通しのよい冷暗所で保存しましょう。カンズメタイプのフードは食べ残しは30分以内に片付けましょう。開封後はすぐに冷蔵庫で保存しましょう。
 

食事量

食事量はドッグフードの袋に表示されている給与量の目安を参考にしてください。これはあくまで基準量です。ワンちゃんの性格や飼育環境、季節、運動量などによりそれぞれ栄養要求量がことなります。便の状態や体重の変化などをチェックしながら適正体重が維持できるよう食事量を調整します。
 

食事回数

子イヌでは1日3-4回
成犬では1日2回が目安です。